忍者ブログ
切り絵&日本画作家 サエラの日常・制作・活動記録
[1 [2 [3 [4 [5 [6 [7 [8 [9 [10

  7ae19c52.jpg
























(漫○展2011出品 「誘う者」)

展覧会などではしばしば絵について質問を受けることがあります。
画材や技法については普通に答えられるんですけど、
毎回しどろもどろになってしまうのが
『何を思ってこの絵を描いたのか』 『こういう絵をどうやって思いつくのか』
というような作品の世界観に関する質問。

作者本人に聞いてみたいという気持ちはよくわかります
ただ、咄嗟に聞かれるとサッパリ答えられないんですorz

私の場合、絵を描く時にテーマをロジックで整理して描くわけではないので、
なんとなく描きたいテーマを決めたらあとはもうフィーリングで突っ走るだけなのです。

とりあえず構想する時は以下のような感じですけど。
1.描きたい人物像やポーズが浮かぶ
2.それをどういうシチュエーションに置くか考える
3.そのシチュエーションを強調・補足するための小道具や背景を考える
たまにシチュエーション先行のときもありますけど、人物ありきで進めていくことが
多いです。
今のところ全ての作品に共通しているのは『非日常・非現実の世界』ってことでしょうか。

でも私の絵に正解なんて無いんです。
というかむしろ「これはこういうことなんだッ!!」・・・とか思ってないです。
「私は一応こういうつもりで描いてるけど、みなさん勝手に想像(妄想)してみてね~」
ぐらいの気持ちです。決して投げやりな意味ではなく。
 
私自身が絵を鑑賞する時はまずはそこから感じた世界観を自分で勝手に想像して
楽しむタイプなんですよ。
ぶっちゃけ、作者がどういうつもりで描いたのかなんぞ知ったこっちゃない(爆)
で、ひとしきり妄想した後に解説をきちんと読んで一応作者は
こういうつもりだったのかと答え合わせをしますが、自分の解釈と違った場合は
「でも私の脳内ではこういうことなのよ!」と自分のイメージを優先します(笑)
 
なので自分の作品も意味深な部分の意味を想像してもらうのが
目的だったりしますし。
例え私が意図したことと違う印象に捉えられても、
それがその人にとっての正解なんです。
単純に「なんだか好き」だけでも十分です。
ていうか、あんまり深く理屈で考えずに直感で感じるのがアートだと思います。
気楽に見て「あ、なんかこれいいな」でいいんですよ。

そして結局今回の作品について何の説明にもなってない・・・
えっと、描くものが決まらなくて悩んでいたので後輩に「次はどんな絵がいいか」と
聞いたところ「霊感少女と妖怪っぽいのがいい」ということだったので(爆)
それをベースに組み立てて描きました。
しいてテーマ付けするならば『あの世とこの世の狭間』的な・・・
『死はいつも隣に潜んでいる』でもいいです。

こんなんでいいのか、自分(-_-;)



 
 

拍手[0回]

PR
[ シェアはこちら↓ ]

気付けば8月です・・・
今年は1ヶ月以上の放置はしないように頑張るつもりだったのに
またやってしまった; ごめんなさい(-_-)

一応、言い訳としてはいろいろな制作とその準備に追われていたのですが、
その中で
岩倉アパートという、その名の通りアパートの一室がギャラリーという
ところで展示をさせていただくお話があって(それはまだちょっと先の話なので
時期が来たら改めて告知致しますが)
そこで知り合ったアーティストさんたちの企画にも色々参加させて頂くことに
なったのです。

まずは
コミック岩倉アパートという、岩倉アパートに集う作家さんたちが中心となって
漫画やイラストを掲載する同人誌(?)の第2号に4ページ短編で参加させて頂きました。
現在編集・製本中ですが、今月中頃ぐらいに発売されるのかな・・・
(私も詳細がよくわかってないのでサイトを要チェックです;)

漫画家志望くずれのわりに今まで同人とか出してこなかったので、
サエラの漫画が読めるのは今のとこココだけですよ!(笑)

ちなみに売上げは岩倉アパートの運営費にもなるそうです。

で、先日その原稿を出しに岩倉アパートへ行ったんですが、オーナーの方の
ご実家(アパートの近く)にリュウゼツランという植物の花が咲いたというので
見学させてもらいました。

なんでもサボテン科のこの植物、100年に一度花をつけて、咲いたら枯れる
という生態らしいのです。なので花を見れるのはとても貴重なんだそうな。
通常の葉の部分はテキーラの原料でもあります。



巨大なアロエみたいな葉から巨大なアスパラみたいな茎が伸びてます。
何メートルあるんだろう・・・


 
花は細かいのが寄り集まってひと塊になっているようです。

そんな感じで、他にも水面下でいろいろ動いてますので正式発表できる
段階になったらまたお知らせしますね~!

それまでもうちょっとお待ち下さいませm(__)m



拍手[1回]

[ シェアはこちら↓ ]




数年に1回ぐらいのペースでやたら創作意欲が活発になる時があります。
普段面倒臭がりなのに、そういう時は憑かれたようにアクティブな行動を
取ります。

そして今回は↑の画像のカクテルハットを作りました。 

カクテルハットというのは、昔の貴婦人とか現代では皇室の方とかが
つけてる小さい帽子のことなんですけど、まあ要するに礼装アクセサリーです。

で、近々友人の結婚式に招待されているのでその時につけたいな~と
市販品を探していたのですが、めちゃめちゃ高いのね。
その上コレだ!と思うデザインもなくて、妥協して買うには高すぎるので
どうしようかと考えていたのです。

そしたら、私の脳内のマリーアントワネットが
「カクテルハットがなければ作ればいいじゃない」
と言いだしたので、なんだかそのまま作ってしまったという次第です(笑)
通常だと「でも材料の買い出しとか布切って縫うのとかめんどくさいし・・・」
で終わるんですけど、そうならない時がたま~にあって。

作り方とか完全に自己流で適当ですが、既製品の写真を頼りに見よう見真似で
なんとか形になりました。
今回は結婚式のお呼ばれ用なので派手すぎずシンプルなデザインにしましたが、
材料はまだたくさん余っているので余力があったらもうちょっと派手なやつとか
いろいろなパターンも作ってみたいです。(しかし一体どこにつけて行く気だ)


それにしても今回材料を買い出すのに久々に手芸専門店に行きましたけど、
楽しいですね~。
いつもの画材屋やホームセンターもですけど、普段使わない珍しい材料に
囲まれるのってワクワクします。
ただいつもはそれを実際に使って何かを作るまでは至らないんですが;
体力がないので絵以外の創作にはなかなか手を付けられないけど、
作りたいものはたくさんあります。(てゆーか絵も描ききれてないけど;)

拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]

 



昔からタッセルが好きです。
いわゆる、フサフサの装飾のことです。

写真ではお洒落ぶってロココ時代っぽいアイテムを並べてみましたけど
数珠なんかについてるフサフサも好きです。
あ、ロココとか言いつつ右端のは携帯電話ですが;
ストラップ代わりに昨日買って付けました。

真ん中の丸いのはジル・スチュアートのファンデーションなんですが、
フサフサが付いてるゆえに買ったようなものです(笑)
見た目のゴージャス感はもとより、糸がスルスル滑る手触りもたまらんですw

特にお気に入りなのは香水(黒い瓶)ですね~!
ポンプで吹き付けるスプレーには大概タッセルが付いてますから。
購買意欲の6割はタッセルで占めていると思います(爆)

皆様からのいろんなフサフサ情報もお待ちしております。


拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]

 
 

このところ地味~にPC作業続きだったので、このゴールデンウィークは
PCを開かずアナログな作業と休養をしたいなぁと思っていたんですけど、
ちょっと調べ物のヤボ用ができて結局PC開いてしまったついでにブログも
更新しておきます。
なにしろ1日に更新しておけば今月もかろうじて書いたことになりますからね(爆)
(・・・って、もう2日になってた)

さて、連休とは言ったものの私の生活は別にいつもと変わらないのが現実。
むしろ、普段の活動+休み中の周りの友人からのお誘いが入るので
いつもより忙しいかもしれません。
こんな私のことを忘れず呼んでもらえるのはありがたいことですけどね~☆

そんなわけで、意外とやることが多かったりするGWですが、
実はわたくし、海外デビューいたします。
初めて海外旅行に行くことじゃないですよ。
アーティストとしての海外デビューです。

実は、今年の2月ごろHPを通してカナダのギャラリーから作品を展示
しませんかとのメールをいただきまして。
その時はちょうどグループ展の制作準備で忙しかったので
少しお時間を頂戴して、今月の運びとなりました。
会期はおそらく今月2、3週目~約2カ月だと思いますが、
正式な会期が決定次第また詳細をお知らせいたします。

まあ、カナダなのでなかなか足は運べないでしょうけど。
さすがに私自身も行けないですから;
万が一、海外出張などでカナダへ行かれるご予定のある方は
よろしくお願いします(笑)

あ、あと本日の写真は我が家で咲いた牡丹です。
これも桜に続く恒例ネタになりつつありますね;
撮影したのは2週間ほど前のことです。
できれば家に花菖蒲とかも欲しいですね~。
それでは皆様、よい連休をお過ごしくださいませ♪


拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]


   


昨日に引き続き展覧会作品について。

こちらは恒例の高校同期グループ展に出品したものです。
(詳細画像はこちらから↓)
gekkousha.kagennotuki.com/simpleVC_20081006175329.html

『神書』というタイトルで、三枚一組の作品です。
展示のテーマが「本にまつわる」だったので、
日本で最古の本(書物)である古事記を題材にしました。

古事記は簡単にいうと大和朝廷が日本を統制するまでの建国記を
神話仕立てに記した古墳時代の歴史書みたいなものですが、
内容をそのまま読むと、正直ものすごい無茶苦茶な話ばっかりです(笑)

とにかく、その中の第1巻に収められている神生み神話の中で
一番最後に生まれ、おそらく一番メジャーな神である天照大御神と
その時一緒に生まれた兄弟がモチーフです。

左から、
・月読命(ツクヨミノミコト)
・天照大御神(アマテラスオオミカミ)
・須佐之男尊(スサノオノミコト)
名前くらいは聞いたことあるんじゃないかと思いますが、
アマテラスは伊勢神宮の神様で、スサノオは八坂・氷川・津島などの
神社の神様です。ツクヨミはあんまりメジャーじゃないですけど。
とりあえず、古事記や日本書紀の中ではこの三神をまとめて
三貴子と呼んだりします。

貴子っていうからには親が存在しますが、これも名前ぐらいは
知ってるんじゃないかと思います、イザナギ・イザナミです。

火の神を生んだ時の火傷で死んでしまった妻イザナミに会うため
死後の世界へ行ったイザナギが醜い姿になり果てた妻を見て
逃げ帰った後、黄泉のケガレを祓うために川で体を清めた時の雫から
三貴子が生まれたそうです。

もうすでにツッコミどころ満載ですが、続けますよ(笑)

とにかくそうして生まれた三貴子は今までにない美しい姿をしていたので
感激した父神イザナギはそれぞれに夜の国・天界・海原(画像順)を支配
することを任せます。(正確にはこれは古事記ではなく日本書紀の記述)

しかし、スサノオだけは「お母さんに会いたいよ~!!」といって泣き喚き、
海や川が枯渇し大地は荒野と化し、魑魅魍魎が跋扈するようになって
しまったので父神に国を追放されてしまいます。
追放されたスサノオは姉神アマテラスに許しを得て母のいる黄泉の国へ
行こうと、アマテラスのもとを訪れました。

アマテラスは問題児スサノオが自分の国を乗っ取りにやってきたと思い、
臨戦態勢で弟を迎えます。
スサノオは誤解だと言いますが、それが本当かどうか占いの儀式で判断しようと
いうことになり、結果どうやらスサノオの言葉は真実のようでした。
しかし、占いの結果が良かったことに調子に乗ったスサノオは結局
アマテラスの国で暴れまわります。
最初のうちはフォローしていたアマテラスもだんだん怖くなって、ついに洞窟に
隠れて引きこもってしまいました。

アマテラスが隠れてしまうと世界は光を失い、あらゆる災いが起きました。
困った神々はなんとかアマテラスを洞窟から誘い出そうと、お供えをしたり
祝詞を唱えたりしました。その中で、天宇受売(アメノウズメ)命が踊り、
やがて全裸に近い状態で乱舞しだしたのを見て周りは大爆笑になりました。

するとアマテラスは「私がいなくて大変なはずなのに、何がそんなに面白いのかしら」
と、洞窟の入口を塞ぐ岩をちょっとだけずらして外を覗きました。
集まった神々はその隙を逃さず岩を押しのけ、アマテラスを引っ張り出すことに
成功したのでした。

このへんが有名な天の岩戸神話ですね。

で、問題児スサノオはというと、この一件でアマテラスの領地・高天原も
当然のことながら追放されます。
そうしてついに人間の住む地(出雲)へ降り立ちます。これが本当の天下り。

それで懲りたのか、着地に失敗して頭をぶつけたのかわかりませんが
人間界に来てからスサノオは改心しているのです。
大蛇の生贄にされそうになった稲田姫を助け、姫を妻にしてそのまま
出雲に住み着くのでした。
ちなみにこれが有名なヤマタノオロチ退治の伝説で、倒した大蛇の体から
出てきた剣が巡り巡って後にヤマトタケルが持つ草薙の剣となります。

さて一方天界では厄介物もいなくなり、落ち着きを取り戻していました。
([続きを読む]へ。)

拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]

  
前回書けなかったので新作についてちょこっとお話を。
まずは上3つの蝶々から。
(詳細な画像はこちらから↓)
gekkousha.kagennotuki.com/simpleVC_20081006175329.html


こちらは「petit art × C-GALLERY」の展示に出させてもらった切り絵です。
(むげん)』というシリーズもので、実物は蝶の形に切り抜いた紙を
虫ピンで留めてリアルな標本箱風に仕立ててあります。↓



作りはシンプルですが、切り絵の技術の粋が最も表面化されています。
(と、自分で言うのもアレですけど;)
切り絵とオブジェの中間に位置する作品ではないでしょうか。

蝶の種類は左から順に
・アオスジアゲハ ・キアゲハ ・アサギマダラ となってます。
いずれもほぼ実物大です。(あ、アオスジアゲハは1.3倍でした;)

タイトルの「むげん」は「夢幻」と「無限」の両方の意味を持っています。
儚さと永遠の二面性をコンセプトに、芋虫→蛹→蝶と劇的な変化を遂げた
最期に待っていたのは標本として朽ちることなき死骸。すなわち不変の姿。
というある種のカタルシスを込めて表現。
あとは単純にフォルムの美しさを魅せることとインテリアとして成立するものを、
と思って制作しました。

ちなみにこれは販売品でしたが、現在もバラ売り可です。
店頭では委託手数料が発生するので1作品¥5,000と割高になってしまったんですが、
私から直接ご購入いただくと割引価格でご提供いたします(笑)

おっと、そんなことを言ってる間に時間的にもスペース的にも
次の作品の説明をするのが難しくなってきました。
旭美グループ展の作品についてはまた次回にしますね。
それでは、また。

拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]

 2月が終わるじゃないですか!!

今年はちゃんと更新するとか言ったのどこの誰だ!?

…というわけで、毎回申し訳ありません。。。


しかし、今年はいつものグループ展の他にいろいろと
展示をするお話が出ているので結構忙しかったりしてます。
どれもまだちょっと正式発表できる段階ではないのですが
ホント、私にしては活動的なスケジュール。

どれもこれも突発的に降って沸いたお話なんですけども、
ご縁は大切だなぁ~としみじみ感じております。
あと、ネットの素晴らしさも実感する出来事がありました。
そのあたりのお話はまた展示会の詳細発表と絡めて
書いていこうと思います。


あとは個人的な予定も含めて、今年はかなりフル回転になりそうです。
どうしてこんなことになったのか自分でもよくわかりません(爆)
そして年々ストレス耐性がなくなってゆく自分の心身に乾杯(?)

あ、そういえばPC のブラウザをIEからChromeに変えたんですけど
案の定タグエラーでサイトの画面配置がものすごく汚くなってたので
ちまちま修正しています。
画面配置はあらかた直したんですが、HPの作品ギャラリーなどは
リンクがぐちゃぐちゃになってしまったまま放置中なので、見にくくて
申し訳ないです。(順番が狂ってるだけで閲覧自体は問題ないですが)
今ちょっとそこまで修正している余裕がないのでもう暫くこのまま
お待ちくださいませ。ご迷惑をおかけします。


拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]


 


先週末は全国的な大寒波に襲われましたが、
こちら名古屋でも予想以上に雪が積もりまして。

せっかく卯年なので、雪うさぎを作ってみました。
深夜2時頃に。

玄関先に生えてる千両(という木)から、葉っぱと
赤い実を拝借。
その時点で10センチ以上積もっていました。

一人でまだ誰も通っていない雪道に足跡もつけ放題。
ちょっとした不審者でしたが、誰もいないので気にしない。

通勤もしないので、ひたすら呑気に雪景色を楽しんで
おりました(笑)

大雪でお困りの地域の方には申し訳ありません;

拍手[1回]

[ シェアはこちら↓ ]

って、作家の森見登美彦 氏がブログに書いておられたのが
とってもお気に入りです…。

今ね、グループ展のことでいろいろ考えなきゃいけないことが
あるので頭がギュ~ってなってるんです。
だから阿呆なこと読んだり書いたりしたくて。

で、とあるサイトで紹介されていたこちらをやってみました。

あなたを一言であらわすと
http://shindanmaker.com/31834


●サエラは『ニートですが何か?タイプ』です。
 
だって。その通り。

ちなみに、本名でやったところ

●『現実逃避しか能がない犬』です。
だって。大体合ってるけど、犬…。



あと、今日は自分に子供がいる夢を見ました。
年齢的にイクラちゃん以上、タラちゃん未満な感じの
男の子でして、夢の中の自分はその子を「ゆう君」と
呼んでおりました。

私は常々、自分の子が男児ならば武士っぽい命名を
したいと考えているのですが、ゆう君とな…

祐之助、勇之進……武士っていうより御殿の若様みたいだな;

…裕次郎…ゆうたろう?(笑)

ユウのつく武士っぽい名前、絶賛募集中です(爆)

…ひょっとしてこれが初夢ですか。そうかもしれません。
………。どうなるんでしょう、2011年…。






拍手[0回]

[ シェアはこちら↓ ]

プロフィール
[Name]
SAERA / サエラ
[自己紹介]
名古屋在住の絵描き。
切り絵と日本画を中心に
夜な夜な制作中。

[Web site]

お知らせ
・切り絵ワークショップ
2018年8月26日(日)
@ケイズミュージックスクール
coming soon


twitter
FaceBook
pixiv
月別記事
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[12/26 カイジュウ]
[11/07 ゲスト]
[10/22 yama]
[08/20 中橋 香那子]
[01/31 カオリ]
ブログ内検索



Copyright © -SAERA- All Rights Reserved






忍者ブログ [PR]